アフィリエイトの成果がゼロに!?ワードプレスで絶対に入れてはいけないプラグイン

アフィリエイト成果がない

アフィリエイトプログラムのインプレッション数とアクセス解析が合わない!不正だ!とどなり込んだら・・・

先日とあるアフィリエイト会社のインプレッション数と私の運営しているブログのアクセス解析とあまりに開きがあるため不正を問いつめるつもりで怒鳴りこんだら以下のようなメールが返信されました。

 

お問い合わせの件につきまして、ご連絡いただいたページの掲載状況を
拝見させていただいたところ、インプレッションを計測するために必要な
タグが改変されておりました。

WordPressなどサイト作成ツール側の仕様により、記事の編集や更新を行った
タイミングで自動的に改変されてしまい、それ以降のインプレッションが
正しく計測されなくなる場合もあるようです。

お手数をおかけしますが、再度、管理画面で生成されたコードと、
サイトに掲載されているコードを見比べていただき、修正をお試しください。

なお、メディア会員の皆様におかれましては、上記の内容を踏まえた上で、
サイト作成ツールをご利用いただければと存じます。

また、メディア会員ご本人様によるお申込みでレポートに反映されていない
成果がございましたら、状況をお調べすることは可能でございます

その際はお手数ですが、以下情報をお知らせいただけますようお願いいたします。

このような懇切丁寧な誠意ある回答をいただきました。

いわれたとおり、自分のサイトを確認してみると。。。。

ナンジャコリャあああああ!

 

imgのタグの前に別のイメージが差し込まれ、AASFSAAAこんな」かんじの法則性のない文字列が並んでいました。ハックされたのか?と疑い、wp-config.phpや主要のファイルのソースを確認しましたがソースコードを書き換えられた形跡ははりません。

ソースを書き換えた犯人は誰だ!?

工藤ちゃんよろしく、探偵のごとく推理を始めました。もっとも怪しいのがプラグインです。画像に干渉するプラグインといえばjetpuckまずはこれを疑いました。ジェットパックをはじめとするプラグインをグループわけし、無効化していきます。

トラブルシューティングのコツは全部を無効化したり、個別に無効化するより5個づつくらいをまとめて無効化し、結果に変化があったらそこから絞り込むのが早いです。

今回の場合候補のプラグインが数点あったのでまずはそれらをまとめて無効化し、当たりをひきあてたようなのでそこから絞り込みました。

それは

Lazy Loadというプラグインでした。

SEOに必須!画像の読み込みを遅延させ読み込み速度をアップする優秀なプラグイン

Lazy Loadはそもそも読み込み度を上げてくれる優秀なプラグインです。読み込み速度は検索エンジンも重視する要素のためSEO対策の方法というマニュアルには必ず出てくるほどのプラグインです。

しかしこのプラグインは画像ソースの前に仮で表示させる画像のソースを付け加えてしまうため、アフィリエイトのソースコードを勝手に書き換えてしまい、成果が出ない状態にしてしまいます。

アフィリエイトソースの多くはバナー画像に加え1ピクセルの小さな画像が付いており、そのアクセス数でインプレッション(広告接触回数)を測るのですが、ソースコードが書き換えられてしまうためインプレッションが正確に測れなくなってしまいます。

多くのアフィリエイトプログラムはソースを書き換えたら成果が出ないというルールが定められているため、このプラグインのせいで成果はゼロという結果に。。。

プラグインは非常に便利ですが、このようにアフィリエイトと相性の悪いプラグインも存在します。

導入には十分吟味いたしましょう。